グループホーム、有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いとは?

グループホーム、有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いとは?

グループホーム、有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いとは?

 

Q:グループホーム、有料老人ホームと特別養護老人ホームってそんなに変わりますか?
人気なのは特別養護老人ホームですがそれぞれのメリットなど教えてください。

 

『グループホームの空きを探すにはこちらから】

 

グループホームの空き一覧へ

 

A:それぞれの施設は、入居する際の条件が大きく異なります。

 

グループホームは認知症の診断を受けている人のみが入居することが可能です。

 

しかし、集団行動が不可能なほど認知症の症状が進んでいる場合には、施設での介護が必要になりますので、グループホームに入居できない場合が多いです。

 

ですから、軽度の認知症の人がグループホームで生活するということになります。

 

有料老人ホームと特別養護老人ホームは、民間の老人ホームか公的な老人ホームかという違いがあります。

 

有料老人ホームは民間企業が経営していますので、費用的な面でも大きな負担が生じます。

 

メリットとしては、自分や介護を必要としている人の希望に合わせて自由に選ぶことができるという点です。

 

住宅型有料老人ホームであれば、自立状態の時から入居が可能になりますので、安心して老後を迎えることができるというメリットがあります。

 

 

 

・特別養護老人ホームが人気の理由

 

特別養護老人ホームは、要介護度が3以上の人たちが入居するように作られています。

 

大きなメリットとしては、費用面での負担が少ないという点です。

 

入居のための一時金が請求されるということもありませんし、月々の必要金額もさほど高いものではありません。

 

民間の有料老人ホームと比べると家族にかかる負担が大きく異なってきますので、経済面でのメリットが大きく、そのために人気が集まっているのです。

 

地域によっても異なりますが、なかなか入居することができずに順番待ちが生じている場合も多いですので、早めに申し込んでおく必要があります。

 

入居することができれば最後まで面倒を見てくれるというメリットもありますから、介護をしてくれる家族がいないという人にとっては、非常に重要なシステムです。

 

早いもの順で入居することができるわけではなく、必要性が高い人から順番に入居できるようになっていますから、申し込んでいてもなかなか入居することができないという場合もあります。

 

そのような際には、有料老人ホームで順番待ちをするということも可能です。

 

特別養護老人ホームは、安い金額で非常に手厚い介護を受けられるということで人気が集まっているのです。

 

『グループホームの空きを探すにはこちらから】

 

グループホームの空き一覧へ

 

ホーム RSS購読 サイトマップ