ケアハウス、グループホームって有料老人ホームとどう違う?

ケアハウス、グループホームって有料老人ホームとどう違う?

ケアハウス、グループホームって有料老人ホームとどう違う?

『グループホームの空きを探すにはこちらから】

 

グループホームの空き一覧へ

 

Q:ケアハウス、グループホームって有料老人ホームとどう違うのでしょうか?

 

A:おおまかに申し上げますと、ケアハウスは無料もしくは少ない費用で高齢者が入居できる施設、グループホームは初期の認知症の方が共同生活を送る施設です。

 

有料老人ホームは民間企業が運営している介護施設で、介護付有料老人ホームは主につきっきりの介護を必要とする方、住宅型有料老人ホームは住宅の要素が大きな施設になります。

 

・ケアハウス

 

高齢者の方の中には、住宅事情や経済状況、家庭の環境などの要因により、自宅での生活が困難になっている方がいます。

 

そのような方々が、無料もしくは少ない料金で暮らせる施設がケアハウスです。
従来ケアハウスの役割を担っていたのが、軽費老人ホームA型・B型です。

 

現在も軽費老人ホームA型とB型のどちらもありますが、これからはケアハウスに変わっていく方針です。
軽費老人ホームが老朽化などにより新築になるときは、ケアハウスにされるということです。

 

・グループホーム

ケアハウスは健康状態による入居ではありませんが、グループホームは初期の認知症(痴呆症)と診断された高齢者の方が、残っている能力を生活の中で生かしていく介護福祉施設です。

 

再び家庭に戻って生活ができることを目的として、同じ認知症高齢者の方たちと協力しながら洗濯や清掃などの作業に取り組みます。

 

1ユニットは5名から9名で、認知症高齢者の方だけでなく専門スタッフがサポートしてくれますから、ご家族も安心して任せられるでしょう。

 

・有料老人ホーム

有料老人ホームに入居される高齢者の方の中には、ご自身の意志施設選びをし、自ら入る方が大勢います。

 

住宅型有料老人ホームは住宅の要素が大きいので、介護度が低い方や、自立できる方などが暮らしています。

 

老後の住まいとして選んでいる方は、ずっと施設内にいるというよりは、どんどん積極的に外出したり自分の趣味を持つなど、自由にセカンドライフを謳歌されています。

 

介護付有料老人ホームは住宅型有料老人ホームとは違い、24時間体制の介護が基本なので、入居者が自由に外出することはできません。
住宅型有料老人ホームは自由で全てにおいてよさそうに見えますが、施設によってルールが異なりますので、しっかり確認してから入居を決めることが重要です。

 

 

例えば、入居条件の一つとして、要介護2まで受け入れ可能などというところがあります。
そうなると、もし住み始めてから介護度が増して要介護5の認定を受けてしまったら、どうなるのかと心配になりませんか。

 

住宅型有料老人ホームによっては外部業者に介護サービスを依頼して施設まで来てもらえばいいというところもあるでしょうが、退所を求められることも考えられます。
介護付有料老人ホームの場合は、施設内の介護・看護職員が介護サービスにあたりますが、一般的な住宅型は外部に依頼する形となります。

 

住宅型だからどうとは一概にいえず、施設ごとに異なりますので、しっかりと確認して選ぶことが重要です。
どの施設の特徴をよく確かめた上で、最もあっているところを選んでくださいね。

 

『グループホームの空きを探すにはこちらから】

 

グループホームの空き一覧へ

ホーム RSS購読 サイトマップ